自信 作り方

自分の軸を持って生きていくこと

日々何となく流されながら、ただ生活していませんか?面倒なので、今はこの流れに乗り生きていこう…と考えていたら、表向き捉えられていても、後々嫌な思いをするのはあなた。

 

ここでは、人に譲らない、フローされない、自分にしかできないやり方をセレクトしていく方法を紹介します。

 

 

ブレないでライフスタイルを充実させる方法

自分自身にできるものなのか、できないものかじゃなく、自分は行いたいのか、やる気があまりないのかどちらかで考えてみよう。
物事としてはとても簡単。

 

選択肢をなかなか決めることができない、決定していくことができない、ゆらゆら考えが揺らぐ人は、はっきり言って深く考えすぎ。
熟考しすぎてイマイチアイディアがまとまらないんです。

 

熟考しすぎる人の特徴の一つとして、ミスを起こさないことが重要なこととして捉えているわけです。チャレンジしてミスすることを怖れているのです。過ちを犯すことを怖れずに頭でっつかちになってしまいミスすることを怖がっているわけです。

 

でも、本物の学びとは、行動して感じることによって、そういうものを学んではじめての自分自身の財産となっていくものなんです。

 

行動に移して実際に体験し学ぶことによって自分の知識ではなく知恵となっていくものなんです。「自分の知恵」なんです。こういった知恵がどれほどのものか、生活がより良くなっていくもので変化していくものなんです。

 

人生の目的としては「仮設定」として設定してたらよい

「自分が何の目的で生きているのかよくわからない」といった悩に対して、私は「だとすると仮のテーマを設定みては?」と回答しています。「私の人生のテーマはこうする!」と仮定しているしてそのようにすればよいわけです。

 

自分で「人生のテーマを」を仮にでも決めてしまえば、人生のミッションや目的意識が生まれ、モチベーションがあがります。

 

私の場合ですと、自分の中に置いて“クリエイティブ”というようなテーマがあり、全ての出来事に対して“クリエイティブな自分”というような軸を持つことができます。そのようにしていくことによって現在の自分にできることが増え、軸が定まっていくものなんです。そうすることにより自分のことをどんどん好きになっていくことができます。

 

毎日の生活リズムも自分のテーマを決めていれば、ワクワクしたものになっていきます。例えばダイエットの「私はこういう体形なりたい」という目標を持ったとします。
ここで大切なことは、着たい服を先に買ってしまうんです。「いつか痩せたら着てみよう」では、一生着たい服を着れないんです。先に所有することによって具体的なイメージを持つことが大切なのです。

 

自分がなりたい象を描いておく

みんな自分が直してといった癖があるもの。「このようなくせを治したい」と考えていたらチャンスだと思っていてください。どうしてそんな風にやってしまうか、どうすることが理想なのか、と考案してみると良いでしょう。

 

今できないよことができるようになること、「このようになりたい」そんな理想を描いておく、そういう風な要素をピックアップしましょう。
ロールモデルを何人か見つけて、そういった人たちを分析していくことも良いことでしょう。

 

さらに、自分の描いている理想に近づいているなら、現在どういったことが足りないのか?そういったことを捉えて、自分の現状を捉えて客観的にみること、それを事細かくあげていきましょう。
そういったことを端々からやっていくようにしましょう。

 

大きい成功は小さい積み重ねからできているもの。一つできることにより、さらに次へと、ある時に気が付くことでしょう。そこを理解できれば無意識にできるようになっていきます。
こういった新らしい慣習を身に着けた時に昔の習慣「ある癖が直った」時になります。
理想の自分になる為には、毎日の心がけとアクションを積みあげていくしか他ないです。努力していきましょう!

 

実際にやりたいことを見つけよう

「自分のしたいことがみつからない」という人がいっぱいいます。
こんな印象を溜めておくことや、五感によった経験が全然足りないので、やりたいことがよくわかりません。

 

当たりまえですが、3つのなかから自分がやっていきたいことを見つけるより、100個の中よりやりたいことの方が、さらにたくさん見つけていくことができます。

 

日々やりたいことをリストアップしておくことが重要です。見る・耳にする・感じる・おいしく味わうのが大事な要点の一つ。
五感を使い様々な経験を通して、「こういうのをやる」「あんなことができればよいな」という、印象がどんどん広がっていくものなんです。

 

自分の気になるものに日頃から気を付けて、そんなことをやってください。

 

  • まず気になればやる
  • 自分がやって気に入らなければやらない
  • ちょっとでも興味を示したら続ける

 

上記のことを続けてみたら、だんだん自分の気になるもの好きなものが残ってわかるようになってきます。