女性との会話

「いい人」と「モテる男性」の会話力の違い

モテる男性は楽しい会話で女性を惹き付けます。

 

面白い、気になる、楽しい…そんなことを女性に感じさせるうまい会話力を持っているもの。

 

しかし、ただ面白いことを話せばモテるわけではないです。もちろん女性からの評判も良いだろうが、それだけではただの「面白い人」という印象しか残せない…。

 

 

女友達も多いのに恋愛には発展しない、頼られてるようなのに恋愛対象とは見られていない、そういう人も「いい人」止まりになってしまっている。よく言う「いい人なんだけど…」と言われてしまうパターン!

 

どうやらそういった人は女性を惹き付ける会話力を持っていないがために、恋愛対象から外されてしまっているのです。

 

女性に「異性として気になる」と思わせなくてはいけない。

 

 

会話は聞き役でOK!

モテる男性は女性との会話を楽しみながら自然と女性を惹き付けるもの。だが実際に喋っている量は女性の方が多いのです。

 

基本的に女性はお喋りなので、聞き役になるのが多くても問題ない。
っというか、女性を気持ちよく話させてあげればいいと考えよう。

 

なので、聞き役に徹して相手のリアクションをよく観察しながら、相手女性が話したい会話の内容を探ってあげよう。

 

何か質問したとして、その答えとなる話を興味深く聞いてあげる。絶妙な相槌もかかせない。

 

気持ち良く話せることは女性にとってある意味快感であり、自分を受け入れてくれる姿勢の相手に心を開きやすくなるもの。

 

しかしそれだけでは、まだ「いい人」止まり。
恋愛に発展させるには、そこに異性として意識させることが必要になってくる。

 

ドキドキさせたり、自分のことを気になるようにさせなくてはいけない。
その為には時に、押したり引いたりする駆け引きが必要になってくる。

 

これがモテる男性といい人との差なのです。モテる男性には女性に意識させるのが上手です。

 

しかし下心があってはいけない。そういう見え透いたものは女性も気付くので、逆に距離を取られてしまう可能性がある。もし苦手な相手に言い寄られても迷惑に感じてしまいまうから注意してほしい。