女性との会話が苦手な男性のための会話上手になるためのポイント!

女性との話し方について

女性にモテたいと思っていても行動しなければ変わらない。
では、モテる為にはどうすれば良いのだろうか?

 

それはコミュニケーションをとることが重要になってきます。

 

具体的に言えば会話をすること。
会話によってお互いのことを知れますし、話の内容によっては相手を惹き付けることができる。

 

相手を惹き付ける程の話し方とは、一体どうすれば良いのだろうか。
スラスラと話しができることなのか?面白い話ができることなのか?

 

もちろんそれもあるけれど、話し方がポイントになってくるんです。
話し上手な人に共通したポイントを5つにまとめて紹介しよう。

 

話し上手になるためのポイント

基本的な挨拶がきちんと出来る

どんなに話の内容が面白くとも、基本的な挨拶が出来ていないと人は離れてしまうことがある。
挨拶や感謝、謝罪といった言葉をきちんと伝えられることが、会話上手への第一歩。

 

相手の顔を見て話す

相手の顔を見て話すことは会話の基本とも言える。自分が話してるときはもちろん、相手が話しているときでも相手の顔を見るようにしよう。”あなたの話しをしっかりと聞いている”という意思が伝わります。

 

見る部分は目でなく鼻あたりでも構わない。顔を見ずに会話をすることが失礼だと感じる人もいますし、ずっと目を見続けられると威圧感を感じる人もいるので、相手の様子から判断すると良いです。

 

相手の表情を見ることで相手の小さな気持ちの変化にも気付けるので、話の流れを変えたりすることも。

 

声の明るさ(大きさ)、スピードを意識する

人を惹き付ける話し方の人は話の内容を充実させるだけでなく、声の明るさ(大きさ)やスピードを変えて話をしています。例えば、盛り上がるようなところでは明るい口調で、暗い内容のところでは声を落として、重要なことであればスピードも遅くなる。

 

単調にただ話すだけでは相手を惹き付けることは出来ず、つまらないと感じさせてしまうことも。
話し方などは意識すれば変えることができます。意識して話すことを続ければ自然と上手に話せるようになっているかもしれない。

 

また、早口な人も聞きづらいと感じさせてしまうこともあるが、声の小さい人や最後まではっきりと喋らないような人も相手を不快にさせてしまうことがあるので、気を付けよう。

 

聞き上手である

話し上手=聞き上手というのはよく言われていることでもある。相手から聞いた話を自分の話す内容に加えることで、相手の話しをきちんと聞いていることを表すことができるし、それに対しての自分の感情や体験談を話すことができます。

 

特に多くの女性は、話をすることで無意識にストレスを発散し、自分の話しを気持ちよく聞いてくれる相手に心を開きやすくなる。
気持ち良く話せる相手というのは上手に相槌をしてくれる聞き上手であること。相槌は、相手の話しを理解しながら聞いてることを態度で示すことが出来ます。

 

相手の話しを織り交ぜながら自分の意見を含めた話をする、そうすると言いたいことが相手へちゃんと伝わりやすくなる。
もちろん批判的な意見もあると思うが、相手の意見に批判してばかりでは嫌な思いをさせるだけなので注意しよう。

 

笑顔で話す

会話のときだけでなく、人といる場面では笑顔を意識しよう。自分が笑顔でいると相手に安心感を与えますし、話しかけやすい雰囲気を作ることが出来る。

 

無表情や怖い顔で話をされても楽しくないもの。場合によっては相手に不安感などを与えてしまうことも。
笑顔な人と怖い顔の人が同じ内容のことを話しても、聞き手に与える印象にはかなりの差が生まれてしまうことを覚えておこう。