自分に自信をつける

これでポジティブ・シンキングになれる!!その方法は??

 

「何も悩むことなくストレスフリーで生きていければ…」人間一度は思ったことがあるのではないだろうかか?
実際は幸せもあれば苦労もある!理不尽だ!と思う場面も多々あるでしょう。

 

悩みっぱなしで毎日が辛い…

 

そんな人は、これから紹介する記事を読みポジティブな人生を送れるようにしましょう!

 

アナタにとって「ワクワクすること」を考えるだけでストレスフリーになれる!

ノーマン・V・ピール著書の本に「積極的考え方の力」というタイトルの本がプラス思考の始めの地点と言われてます。
この本は自信を持たせてくれて、尚且つ元気と勇気を与えてくれる本です。

 

ノーマン・V・ピールの本では、幸せな人生を歩むには幸せだと思うことだと謳っている。詳しく言うと、朝目が覚めて体を起こす前に今日訪れそうな幸せなことを思い描く。そうすることにより幸せが寄ってくると提唱している。

 

本当に心理学上では、そのように幸せを思い描くことでハッピーが寄ってくると言われている。

 

朝起きてすぐハッピーな出来事が思い浮かばないといった人は、その日じゃなくても週末に起こりそうなハッピーな出来事を想像しても良い。

 

とりあえずあなたがハッピーだ!という出来事をイメージしよう!

 

「瞑想」でハッピー度を上げる方法

『ライフ・ヒーリング』は世界132ヶ国42言語に訳され、これまで3,500万部も売り上げたというまでの人気の本です。著者のルイーズ・L・ヘイはファッションモデルを経た後、スピリチュアル系出版社でも世界最大手である「ヘイハウス」を創り上げた人物でもある。

 

そのルィーズも毎朝行っているという「瞑想」のやり方について詳しく紹介していこう。

 

ルィーズの瞑想のやり方は…

 

@まず始めに椅子に座ります。
Aその後にゆっくり気を落ち着かせます。
B息を吸った時「1」と数えて吐く時「2」と数字を数えます。
10まで数えて、再度「1」に戻ります。この動作を何度か繰り返して行う。

 

瞑想をあまり良く思っていない人もいるかもしれないが、様々な研究で科学的にもハッピー度が上がって、ビジネスでの効率も上がると言われている方法の一つ。

 

またGoogleの研修の時にも瞑想は行われているというから、やってみる価値は非常に高い。

 

瞑想をするときのポイントとして、あれこれと雑念が出てきても動じることなく貫き続ける。あまり心を無にして!といったことを意識せずにランチの時間にでも5分。チャレンジしてみよう!ストレスが軽やかになっていくことを実感できるはず。

 

 

プラス思考の脳に!テトリスの効果を使ってみよう!

最も先駆けのプラス思考の心理学の研究の結果が書かれている有名な『幸福優位7つの法則』著者であるショーン・エイカーは、ハーバード大学の講師を引退した後、コンサルティング会社を創立し、大手企業で「成功と幸せの関係」についての研究を行っているそうです。

 

『幸福優位7つの法則』では人間は幸せな時こそ成功すると書いている。またエイカーにより約27万人にも上ったメタ分析によると、ビジネス、マリッジライフ、人間関係、グッドアイデアなど…オールマイティーなシーンに置き、ハッピーにより成功へリードされると明らかに証明されたようだ。

 

ハッピー感を感じる為には、どうしたら良いのだろうか?

 

エイカーが言う最も理解しやすい言葉で「テトリス効果」という表現を用いて説明している。
ひとつの実験に置き、対象となる人物に、3日間通しでテトリスをしてもらったところ彼ら複数の人物が、この世のすべてがテトリスに見えてくるという摩訶不思議な現象が起きたという。

 

人間は一つのことばかりに注意が向いていると、そのことばかりを考えてしまうといった傾向にあるようです。

 

こういったメリットを応用し、眠りにつく前に今日あった3つの良い出来事について書きだす。

 

そうすることにより、脳がプラス思考に転換されるという。これだけで変われるので、ぜひ今日からトライしてみてはいかがだろうか?