自分に自信を持つ

己をしっかりと持っている人は5つのことを忘れない

社会という場所で生きていれば、自然と他者の言葉が気になるというシーンもたびたび出てくるでしょう。ときには、ついつい気になりすぎてしまうといったシーンも出てくることかと思います。

 

だけど度を越してしまうと、損してしまう人生になってしまいます。でも今から言う5つのことに気を付けていると他者からの言動にも動じずにいることができます。ちょっとでも気になった人は意識してみてください。

 

他の人から受け入れてもらうこと、集団の中にいてより大きなものの一つであるといった点はみんな起こりうること。だが、このような「自然である本能」は我々の成長をストップさせてしまうポテンシャルもあるといった点を覚えておこう。

 

現実的にやろうと思えば他人に同調することなく生きることも可能です。だけど、周囲を気にしすぎないといった点においては容易ではない。しっかりとした決断と努力することが必要不可欠になってくる。

 

だが一方、周囲を気にしすぎないといった点では、プラス思考の結果が出ることもあり得る。我々の人生が良い方向へ導かれることもあり得るからです。

 

長い人生を送っていくと時には、自分はまだまだ未熟だと気づかされるシーンも多々出てくることかと思う。でも他社のビジネスや友達や見た目については、アナタの自信を奪いかねないといったシーンも出てくるもの。

 

だけど、上っ面だけの出来事を気にすることが、アナタの成長を高めてくれるわけではなく、反対に不安をどんどん貯めていくだけ。

 

大切なことは、自分にとって「最も良いもの」を探っていくことが大事!

 

大半の場合、我々にとって「一番良いもの」は、もうすでに持っているもの。だけど、他の人への焼きもちや妬みからうまくいかないこともあり得るので注意したい。

 

こんな行いをしたら、焼きもちや考えの甘い疑り深い考えにコントロールされることになりかねない。
周囲の輝いてるものばかり追い求めてばかりいるのは辞めよう。あなたが持っている良さをどんどん成長させていくよう努力しよう!

 

周囲がどう思っているのかばかり気にすることは辞めよう。そうすることによってあなたの自信が益々成長できることでしょう。他の人の成長ばかり気にせずに、自分自身のこと、自分の持っている世界に目を傾けてみよう。

 

 

自分は自分。人と比べることはしない

人の幸福を妬むことは辞めるようにしよう。幸福を追いかけてばかりいるのではなく、自分のマインドに呼び寄せるようにしよう。よりよい人生はを歩むことに当たって、大事なこととそうじゃないことが分かれてくるもの。大事じゃないことにクヨクヨしないように!

 

自分の得意分野を極める

自分に足りていないものにいちいちクヨクヨしないようにしよう。どんと構える強い精神力を持ち、周りの人の上を目指すように努力していこう。

 

あなたにとって欠点だと感じているがあっても、長所だってあるのです。そこを伸ばすように努めていこう。

 

他者ばかり羨むことは辞め、自分の良い点を磨いていくようにしよう。あまり苦手なことにばかり囚われることなく、得意なことをどんどん伸ばしていくように心がけていこう。

 

自分があまり得意じゃないといったことを認めよう。それをしっかり受け止めることにより、あなた自身が変わっていけることでしょう。己の得意手を知って、その分野を伸ばしていくように努力していいくこと。

 

結果的に長所を伸ばして短所をカバーすると言ったことができるようになるからです。

 

自分自身の個々を大切にしていくこと

例えば、あなたの家族みんなが同じ目標を抱いていたらどうでしょう?あなたの友達みんながみんなエリート弁護士を目指す!といったらどうだろうか?

 

あなたと同じ目標をあなたの周りの人間が違う目標を抱いてても、気にしないようにしよう。

 

あなた自身、人の意見やアイディアに左右されることがあります。それでいて、あなた自身のありのままを受け入れていくことが容易にいかないこともあると思う。

 

しかし忘れないでください!

 

他者がどーのこーの言ったからではない。自分がプライドを持ってできることをしたらいいのです!

 

最も創造的な出来事が起こって、それは違う!と言われることもあり得ること。だけど、そういった感情にばかり振り回されていてはよくない。あなたはあなたで素晴らしいテクニックを持っています。そのテクニックをいつか周囲の人にも認めてもらえるよう努力していけばよいのです。

 

新たな発見を探し続けること

世の中の普通にホントにそうなのか?と考えてみよう。生きていく道筋にこれで正しいのか目を傾けてみてください。考えてみてください。あなたはほんとにそんなマニュアル通りの生き方で良いのだろうか?

 

万が一、人と異なることに怖いと思っているのなら、他者は夢中になってひたすら追い求めているといった点に気づいてください。あなたの発した言葉を周囲の人間みんなが気にしてばかりはいないものなのです。

 

人と異なることを怖がらないで!

 

最終的に上司とか一旦あなたの人生に影響を生じさせたとしても、そのシーンをじーっと見ている人などいないものなのです。

 

理想の自分になること

誰かから認めてもらうことを待つのはやめよう。アナタ自身がやるべきだと下したことを行いましょう。あなた自身のバリューは、誰かのオピニオンにより決められるものではないのです。

 

今の自分の人生にしっくりこないと感じているならなぜだろう?と考えてみよう。動かなければ、それで終わってしまうから。最悪の結果、年だけ重ねて何も変化していないという状況もあり得てしまう。

 

言いたいことは自分の意見をしっかりと持つこと。あなたの持っている「自分の理想像」を描いてみよう。今よりさらに素敵な人物になってください!

 

最終的に、気にしないといけない部分があなたはどのようになりたいのか?その部分が要となってくるのですから。